• TEL

    【代表】

    095-822-3251
  • FAX

    【代表】

  • 【医療機関専用】

  • 【時間外専用】

外来のご案内

診療時間
平日 8:45~17:00
開門時間 8:00
受付時間
8:30~11:00
再診受付機
8:00~17:00
休診日
土・日・祝
年末年始(12/29~1/3)
095-822-3251(代表)

当院から皆さまへ

当院の処方のご案内

後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進について

当院では、患者負担の軽減、医療保険財政の改善に資するものとして、入院及び外来において後発医薬品(ジェネリック医薬品)を積極的に採用しています。
ご不明な点がございましたら、主治医又は薬剤師にお尋ねください。

後発医薬品(ジェネリック医薬品)の使用促進について

院外処方せんについて

当院では外来調剤は院外処方を採用しています。
外来で診察を受けられる患者さんには原則として院外の保険薬局で調剤されたお薬を受け取っていただくことをお願いしています。これは長崎市薬剤師会との協力で行っています。

院外処方せんについて

院外処方に関してよくあるお問い合わせ

院外処方せんはどこで受け取ることができますか?
院外処方せん受付コーナーは薬剤部の向かって左手にあります。FAXを利用して、できるだけ患者さまの待ち時間が少なくお薬を受け取ることができるよう努めています。
院外処方のメリットって?
一人一人の患者さんにかかりつけ薬局をもってもらうことで、薬歴管理、重複投与、相互作用のチェックなどお薬に関してきめ細やかに管理してもらうことができます。お薬手帳を必ず薬局へみせましょう。
支払いはどうなりますか?
病院では診察料、検査料、処方せん料等の保険負担分を、保険調剤薬局では薬代、調剤料、薬の管理指導料等の保険負担分をそれぞれお支払いいただくことになります。
院外処方せんをなくしてしまった場合は?
院外処方せんを受け取った後、薬局に持っていくまでに紛失してしまった場合は、病院で再度処方せんを発行してもらわなければなりませんのでご注意ください。(一般的には処方せんの発行料を自費で請求されることになります。)
院外処方せんに有効期限はありますか?
院外処方せんの有効期間は発行した日を含めて原則4日間です。これを過ぎると保険薬局での調剤ができなくなりますので、処方せんを受け取られたら早めに保険薬局へ処方せんをお持ちください。(治療の関係で、処方医が有効期限を指定する場合もあります。)