医療ソーシャルワーカー

医療ソーシャルワーカー

医療ソーシャルワーカー

担当業務転院調整・退院支援

入職6年目(経験年数10年)

現在担当している業務

退院支援職員として、入院患者さんの転院調整や退院支援を担当しています。入院している患者さんの中には、経済的な不安や今後の生活に不安を抱える方が多くいらっしゃいます。それらの問題に患者さん、ご家族と一緒に向き合い、支援を行っていくのがソーシャルワーカーです。患者さんが退院後も地域の中で“その人らしい生活”を送れるよう地域の社会資源を活用できる支援を行っています。

医療ソーシャルワーカー02

ある1日の業務スケジュール

8:00
出勤
8:15
朝礼
8:30
病棟業務 転退院支援(患者家族や関係機関との調整)
相談支援(経済的、社会制度全般、療養先選定など)
12:00
休憩
13:00
病棟業務多職種カンファレンス
診療科カンファレンス
ケアマネジャーとの連携
16:00
記録整理
17:00
退勤

当院で働くことを選んだ理由・きっかけ

社会福祉の分野の中で医療福祉に興味があり、ソーシャルワーカーを目指しました。当院は急性期病院であり、様々なニーズを抱える患者さんへの支援を経験できると思い、志望しました。

職場の雰囲気

勤務している患者総合支援センターは和やかな雰囲気だと思います。また、私は入職して6年目ですが、この間に産休育休を2回取得させていただきました。患者さんへの支援で悩んだときはスタッフ同士で相談しあい、共に考えてよりよい支援を考えています。月1回医療ソーシャルワーカーで事例報告・検討会を行っており、援助技術や制度を学ぶことができ、キャリアに応じて院内外の研修参加の機会もあるためスキルアップも実現できます。

やりがいを感じること

ソーシャルワーカーは社会的・経済的・心理的に支援が必要な方々と関わり支援を行います。その方が生きてこられた歴史を知り、これからの生活をどう構築していくか、同じ目標に向かってお手伝いができる魅力的な仕事だと思っています。初回面談で不安そうな顔だった患者さんや家族が笑顔で退院していく姿を見ると、その方の力になれたのではないかとやりがいを感じます。

就職希望者へのメッセージ

急性期病院のソーシャルワーカーは難しそう、大変そうというイメージがあると思います。短い入院期間で相談支援や退院支援を行うためもちろん大変なこともありますが、同僚のソーシャルワーカーや多職種のスタッフとのチームワークにより乗り越えることができます。乗り越えたときの達成感が次の支援の原動力となり、患者さんへのよりよい支援につながっていく、日々成長できる職場です。私たちと一緒に働きませんか?

医療ソーシャルワーカーの業務・取り組み

医療ソーシャルワーカーは病気やケガにより、これからの生活に不安がある方へ、”からだ・こころ・くらし”の観点からアプローチを行い様々な社会資源とのシームレスな連携を目指して医療福祉の相談業務を行っています。当院では、急性期治療を終えた患者さんの退院や転院に関わる相談とがん相談支援センターのがん相談業務を中心に医療チームの一員として相談支援を実践しています。

教育・研修体制

新人MSWへの教育体制は、病院の地域連携部門・相談支援部門の一員としての知識や心構えなど、入職後は担当指導者をつけ、経験に応じた教育・指導を行っています。指導者は、ソーシャルワーカー実習指導者養成研修の修了者をあて、相談援助技術の習得や理解の状況を確認しながら安心して業務に携わることができるようサポートしています。

資格取得者数(令和4年8月1日時点)

  • 社会福祉士9名
  • 精神保健福祉士1名
  • 介護福祉士・保育士各1名
  • ソーシャルワーカー実習指導者5名
  • がん相談員指導者3名
  • がん相談員4名
  • 両立支援コーディネーター4名
医療ソーシャルワーカー

採用条件

職種 医療ソーシャルワーカー
当面の職務内容 医療ソーシャルワーカーとしての業務全般
雇用形態 正規職員
募集人数 若干名
応募資格 ①~②のすべての要件を満たす方
①社会福祉士免許を有する方、または令和5年3月取得見込みの方
②1977(昭和52)年4月2日以降に生まれた方
[年齢制限理由]雇用対策法施行規則第1条の3第1項第3号のイの規定による
採用日 令和5年4月採用

応募・選考方法

試験日 令和5年2月4日(土)
試験内容 【SPI3-P 試験(性格検査)】
職務、組織への適応のしやすさ、仕事への取組み方などをみるための適性検査
【作文試験】
課題に対する理解力、文章表現力、総合的判断力、思考力等をみるための作文試験
【人物試験】
個別面接による試験
※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、居住地域などに応じてオンライン試験を実施しております。また、感染拡大の状況に応じてリモートで実施する対応等を行う場合もあります。その際は、改めて申込者へご連絡いたします。
結果発表
令和5年2月中旬~2月下旬を予定
合格者の受験番号を当機構ホームページ(https://nmh.jp/)に掲載するほか、内定者には文書でも結果をお知らせいたします。
申込期間 令和5年1月6日(金)~令和5年1月25日(水)
応募書類 採用試験申込書
受験票
③社会福祉士免許の写し(免許取得者)
④卒業(見込)証明書(免許取得見込み者)
⑤成績証明書(免許取得見込み者)
職務経歴書
⑦返信用封筒(長形3号封筒)
※84円切手を貼り、宛先を明記してください。
※書類は全てA4サイズで提出してください。
※提出書類は一切返却いたしません。
応募方法 募集要項
「応募書類」を下記の書類提出先(このページの一番下です)に提出

郵送:

提出書類を封筒に入れ、封筒の表に「医療ソーシャルワーカー採用試験申込」と朱書し、特定記録郵便又は簡易書留扱いにして郵送してください。
※申込締切日:令和5年1月25日(水)消印有効

持参:

地方独立行政法人長崎市立病院機構事務部総務課人事給与係(長崎みなとメディカルセンター2階)に直接持参してください。
受付期間:午前9時~午後5時(土日、祝日を除く)
※申込締切日:令和5年1月25日(水)必着

待遇

勤務地 長崎みなとメディカルセンター
給与 【初任給の給与モデル(地域手当を含む)】
給与の表画像
※通勤手当6,048円(片道160円の区間の場合)、住居手当27,000円(家賃55,000円以上の場合)を含む。詳細は、以下を参照。
【詳細】
給与の表画像
※その他別途支給する手当・・・扶養手当、特殊勤務手当、時間外勤務手当等
賞与 年2回(令和3年度実績年間約3.95月)
昇給 年1回
勤務時間 8時15分~17時00分(休憩1時間)
休日等 土・日・祝
有給休暇 1暦年につき最大20日付与(採用月によって異なります)
休暇制度 育児・介護休暇制度のほか、病気休暇、暑期休暇、結婚休暇等の各種特別休暇あり。
社会保険等 長崎県市町村職員共済組合(健康保険、年金)、雇用保険、地方公務員災害補償基金(労災)、長崎市職員互助会加入
その他 ・院内保育施設あり。
・試験に関する連絡をメールでご案内しますので、受信可能なメールアドレスを記入ください。
受信制限をしている場合は「@ncho.jp」からのメールを受信できるよう設定してください。

応募書類提出先・お問い合わせ

〒850-8555 長崎市新地町6番39号
地方独立行政法人長崎市立病院機構 事務部総務課人事給与係 採用担当
TEL:095-822-3251(内線3715) 
FAX:095-826-8798