• TEL

    【代表】

    095-822-3251
  • FAX

    【代表】

  • 【医療機関専用】

  • 【時間外専用】

外来のご案内

診療時間
平日 8:45~17:00
開門時間 8:00
受付時間
8:30~11:00
再診受付機
8:00~17:00
休診日
土・日・祝
年末年始(12/29~1/3)
095-822-3251(代表)

数字で見るみなとメディカル

DPCデータを用いた病院指標(令和3年度)

DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、市民の皆さんに情報公開を行っています。
本ページの指標は、2021年度(2021年4月1日~2022年3月31日)中に当院を退院した患者さんのDPCデータを基に作成しております。
ただし、労災保険・自費等の患者さんのデータは含まれません。

令和3年度 長崎みなとメディカルセンター 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1,134 177 192 325 467 737 1,417 2,324 1,910 523

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 85 3.88 2.65 1.18 68.87
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 76 8.59 9.21 5.26 74.79
060020xx04xxxx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 49 8.87 7.96 2.13 74.60
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 35 9.17 9.00 5.71 70.63
060060xx9710xx 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 34 16.21 12.97 2.94 70.94

消化器内科で最も多い症例は、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除の治療です。
胆道疾患では内視鏡治療症例数も増加しており、内視鏡的逆行性胆管、膵管造影(ERCP)は90%以上が総胆管結石や悪性胆道狭窄に対する内視鏡治療です。
肝疾患では肝細胞がんの症例が多く、MDCD,EOB-MRI,造影超音波等に加え、積極的に細径針による狙撃生検を行って早期発見と正確な質的診断に努めています。
消化器内科では、胃・大腸・肝臓・胆道疾患に対し内視鏡的治療を積極的に行っています。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

消化器内科

消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 71 6.24 6.25 0.00 63.56
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 52 4.65 4.74 0.00 71.23
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 41 6.39 7.11 4.88 68.02
060035xx010x0x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 定義副傷病なし 36 14.56 15.76 16.67 67.92
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 25 5.24 5.40 0.00 33.28

DPCコードは、入院中に行う手術・処置・化学療法の内容によって細かく分かれます。
当科では、消化器がんに対しての手術を数多く行っており、術前・術後の化学療法も行っています。
また、胆嚢結石症や鼠径ヘルニアに対する手術症例数が多くなっております。
救急疾患(急性虫垂炎・急性胆のう炎・胃潰瘍穿孔など)にも対応しており、緊急手術を多く行っています。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

消化器外科

心臓血管内科・カテーテル治療科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 102 5.77 4.36 0.98 71.02
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む。)、再発性心筋梗塞 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 101 12.01 11.87 6.93 69.61
050050xx9910xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 91 3.24 3.06 1.10 67.99
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 67 20.57 17.35 20.90 82.73
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 63 9.94 10.24 7.94 83.79

入院される患者さんで最も多いのは狭心症などの慢性虚血性心疾患です。当院では運動負荷心電図や心筋シンチ、冠動脈CTなどを外来で行い、必要に応じて入院していただくことにしています。入院して心臓カテーテル検査を行った結果、治療が必要な病変を有する患者さんには冠動脈ステント留置術を行っています。その際は血管内超音波や光干渉断層法を用いて造影だけでは分からない血管壁の性状を把握することで、より安全に治療を行うように心がけています。一方で、急性心筋梗塞のように1分1秒でも早く治療が必要な病気についても迅速に対応できるようにホットラインを設けて24時間いつでも対応できるようにしています。
一方心不全の患者さんは平均年齢は高齢で、さまざまな病気や社会的な問題を抱えています。当院では医師だけではなく多職種心不全チームで患者さんやご家族に接するようにしています。心不全治療はもちろんのこと、心不全教育や心臓リハビリテーション、栄養指導、服薬指導など多職種での働きかけを行っています。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
050163xx03x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等21あり 22 16.50 15.18 13.64 80.64
050050xx0101xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 心室瘤切除術(梗塞切除を含む。) 単独のもの等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 12 25.83 21.69 25.00 73.25
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等21あり 10 18.50 19.66 0.00 74.1
050161xx01x1xx 解離性大動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等21あり 22.14
050163xx01x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術等 手術・処置等21あり 28.08

050163xx03x1xxは、大動脈瘤に対し、ステントグラフト内挿術を行った症例です。
050050xx0101xxは、狭心症、慢性虚血性心疾患に対し冠動脈バイパス移植術を行った症例です。
050163xx02x1xxは、非破裂性大動脈瘤に対し、胸部または腹部大動脈瘤切除術を行った症例です。
050161xx01x1xxは、解離性大動脈瘤に対し、ステントグラフト内挿術を行った症例です。
050163xx01x1xxは、大動脈瘤に対し胸部・上行大動脈の開心術を行った症例です。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

心臓血管外科

脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 55 19.05 15.63 52.73 73.49
010040x199x0xx 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし 38 29.29 22.42 94.74 77.34
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 26 20.73 18.90 88.46 72.23
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 19 6.79 7.22 15.79 65.26
010060×2990411 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病1あり発症前Rankin Scale 0、1又は2 17 18.76 17.48 64.71 78.53

010060×2990401は、脳梗塞に対し手術を行わず、抗血栓薬・エダラボン注射を行う症例です。安心して在宅生活を送ることができるよう地域の医療機関等と連携し様々な支援が必要と考えています。地域の医療機関と連携をとりながら長期的な計画で診療を行っているため、転院率が高くなっています。
010230xx99x00xは、てんかんに対して治療を行った症例です。
その他、難病疾患に対する治療も行っております。
脳疾患への対応として、脳神経外科と協力し、脳卒中ホットライン体制や1つの病棟に脳神経内科・外科を配置するなど、チーム医療の充実を図り、専門性の高い医療を提供しています。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

脳神経内科

脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 30 15.07 11.78 50.00 80.13
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18 11.56 8.30 33.33 65.72
010010xx02x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 20.79
010040x199x0xx 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10以上) 手術なし 手術・処置等2なし 22.42
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 2.99

※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

脳神経外科

呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 50 4.98 3.30 2.00 72.34
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 45 20.89 18.42 22.22 75.84
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 31 19.32 20.57 29.03 86.29
040040xx9905xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等25あり 19 18.05 19.34 0.00 75.11
040040xx99041x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病あり 18 22.06 14.96 0.00 72.06

令和3年、呼吸器内科は新型コロナウィルス感染症の対応に力を注ぎました。(新型コロナウィルス感染症は、DPC対象外の疾患であるため、この表に現れません。)
そのため、通常の呼吸器疾患の診療件数が減少しております。今後もこの傾向は続くと思われますが、新型コロナ診療と、通常の呼吸器疾患の診療を両立すべく、努力して参ります。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

呼吸器内科

呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
040040xx97x00x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 75 11.07 10.47 0.00 72.76
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 16 10.69 9.86 0.00 33.75
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 9.28
040010xx01x0xx 縦隔悪性腫瘍、縦隔・胸膜の悪性腫瘍 縦隔悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 9.26
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 8.82

肺がんに対する治療を中心に行い、気胸・膿胸・縦隔腫瘍に対する治療も積極的に取り組んでいます。肺がんのDPCコードは手術の有無、その他の治療の有無で分かれています。肺がんの治療は他科と連携した上で、手術・化学療法・放射線治療などの治療方針を決定し行っています。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

呼吸器外科

産科・婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 37 9.41 9.39 0.00 33.51
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 29 8.55 9.38 0.00 33.45
120010xx99x50x 卵巣・子宮附属器の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 定義副傷病なし 23 6.04 4.23 4.35 60.70
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2なし 18 3.00 3.05 0.00 37.06
120170x101xxxx 早産、切迫早産(妊娠週数34週未満) 子宮破裂手術等 18 42.44 37.40 0.00 32.94

※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

産科・婦人科

小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 260 5.51 5.83 0.00 0.67
030270xxxxxxxx 上気道炎 75 4.36 4.78 1.33 1.67
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 71 6.68 6.24 0.00 2.66
060380xxxxx00x ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 51 3.14 5.53 0.00 3.37
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 35 9.89 13.14 0.00 2.00

小児科は、長崎市および近郊の小児2次医療を担っており、開業医(かかりつけ医)の先生や長崎市夜間急患センター、長崎大学病院などと連携して診療にあたっています。
救急車の受け入れを昼夜問わず行い、令和3年度は232件受け入れし、うち88件が入院となりました。
入院患者数は約850名で、病名では肺炎や気管支炎など呼吸器疾患の割合が最も高くなっています。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

小児科

新生児内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
140010x199x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 112 4.20 6.13 5.36 0.00
140010x299x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等22あり 40 28.93 28.14 0.00 0.00
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 38 14.53 11.01 2.63 0.00
140010x199x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等21あり 35 8.43 10.48 17.14 0.00
140010x299x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等21あり 20.86

新生児内科は平成30年4月に開設し、現在9床のNICU、6床のGCUを有しています。
主な治療対象となる疾患は、早産児、低出生体重児、呼吸障害、黄疸、種々の周産期感染症、染色体異常などです。
在胎28週以降の新生児の受け入れを行っており、令和3年度は271名でした。
産科・婦人科、小児科としっかりと連携し、元気な状態で両親の元へ戻せるよう治療を行っています。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

新生児内科

整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 181 18.17 25.32 93.37 83.59
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 37 18.54 23.02 94.59 76.57
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 29 18.14 20.63 82.76 71.93
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 28 10.07 4.99 28.57 55.25
160850xx01xxxx 足関節・足部の骨折・脱臼 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他等 16 24.56 18.36 56.25 56.94

高齢者の転倒に伴う骨折、すなわち、大腿骨近位部(太ももの付け根)骨折、橈骨遠位端(手首)骨折、骨盤(お尻)骨折が大変多くなっています。そのうち、手術を必要とするものは大腿骨近位部骨折です。観血的骨折手術や人工骨頭挿入術を行います。橈骨遠位端(手首)骨折にはプレートを用いた骨折手術を行っています。外傷以外では、変形性膝関節症、変形性股関節症に対する人工関節置換術が多くなっています。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

整形外科

乳腺・内分泌外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
090010xx010xxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等1なし 101 8.04 10.15 0.99 64.91
090010xx99x4xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 51 2.00 3.94 0.00 54.43
090010xx02xxxx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 30 5.00 5.88 0.00 60.37
100020xx010xxx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除(頸部外側区域郭清を伴わないもの)等 手術・処置等1なし 28 6.25 8.19 0.00 63.64
090010xx99x8xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等28あり 28 2.32 4.21 3.57 59.04

DPCコードは、入院中に行う手術別・処置別などで細かく分かれます。乳腺・内分泌外科では、乳がんに対する手術、化学療法の他にも、甲状腺疾患に対する手術なども行っております。
当院では、乳房部分切除で5日程度、乳房切除で7~9日程度の在院日数です。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

乳腺・内分泌外科

形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
060565xxxxx0xx 顎変形症 手術・処置等2なし 19 4.74 8.08 0.00 27.95
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 18 5.17 2.94 0.00 70.06
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 17 3.59 4.66 0.00 40.82
100100xx97x0xx 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2なし 24.37
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 13.07

060565xxxxx0xx 顎変形症に対する骨切り術、抜釘を行った症例です。
020230xx97x0xx 眼瞼下垂症に対して眼瞼下垂手術を行った症例です。
070010xx970xxx 皮下脂肪層より深い位置に生じた腫瘍の手術を行った症例です。
100100xx97x0xx 糖尿病の合併症として生じた足壊疽・潰瘍に対して手術を行った症例です。
080010xxxx0xxx 慢性膿皮症(化膿性汗腺炎)や毛巣洞に対して手術を行った症例です。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

形成外科

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 93 2.57 2.50 1.08 73.23
110070xx03x20x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等22あり 定義副傷病なし 65 7.45 6.86 1.54 74.65
11012xxx04xxxx 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 52 3.23 2.59 1.92 62.67
110080xx03xxxx 前立腺の悪性腫瘍 経皮的放射線治療用金属マーカー留置術 35 3.63 2.76 0.00 72.46
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 35 3.20 7.87 0.00 72.94

110080xx991xxxは、前立腺がんの疑いに対して前立腺組織を摂取し、前立腺がんの診断を行った症例です。
110070xx03x20xは、膀胱がんに対し膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的)を行い、化学療法(抗がん剤の膀胱注入)を行った症例です。
11012xxx04xxxxは、腎結石や尿管結石に対し、体外衝撃波で結石破砕を行った症例です。
110080xx03xxxxは、限局前立腺がんに対し、サイバーナイフによる外照射治療を行うために治療用のマーカーを前立腺内に留置した症例です。
110280xx02x00xは、慢性腎不全の患者さんに対し、血液透析に必要なシャント造設を行った症例です。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

泌尿器科

血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
130030xx99x5xx 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等25あり 53 16.70 19.92 0.00 76.75
130030xx97x3xx 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等23あり 22 24.14 29.03 4.55 73.64
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等24あり 16 9.44 10.12 56.25 85.50
130030xx97x50x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等25あり 定義副傷病なし 14 21.64 31.17 0.00 66.14
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 37.46

血液内科では、非ホジキンリンパ腫に対してリツキサンなどの抗がん剤による治療を多く行っています。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

血液内科

臨床腫瘍科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
060060xx99030x 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 定義副傷病なし 13 3.00 6.55 0.00 78.38
06007xxx9905xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等25あり 8.03
060035xx99x6xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 4.54
060035xx99x5xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 4.25
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし 9.07

免疫治療を含め、消化器のがん薬物療法が進んでいます。胃がん、結腸、直腸、膵臓の悪性腫瘍に対する治療が増えています。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

臨床腫瘍科

腎臓内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
110280xx9900xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 46 10.13 10.39 6.52 59.85
110280xx9901xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 25 9.88 13.74 8.00 72.96
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 15 27.00 20.43 33.33 74.00
110280xx03x0xx 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 内シャント血栓除去術等 手術・処置等2なし 12 3.92 4.60 0.00 66.67
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 17.35

平成28年3月から診療を開始しました。
当院では、慢性腎臓病に対する『教育入院』を積極的に行っています。
腎機能障害の進行を防ぐため、必要に応じて行う腎生検を含む原因精査と治療を行っています。
他科との連携により多くの合併症を有する腎不全・透析患者さんの治療にも対応でき、泌尿器科と連携することで人工透析療法のスムーズな導入や維持透析患者さんの内シャントの狭窄・閉塞に対する治療も行っています。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

腎臓内科

糖尿病・内分泌内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等21あり 56 11.11 14.41 3.57 66.63
10007xxxxxx0xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2なし 17 8.06 11.15 0.00 67.06
10006xxxxxx1xx 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等21あり 13.42
10006xxxxxx0xx 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2なし 9.19
10008xxxxxx1xx その他の糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等21あり 18.82

当院は、2型糖尿病に対する『教育入院』を多く行っています。平成27年7月より、2週間の教育入院を1週間に変更していますが、1週間に短縮後も減量及びHbA1c改善効果は維持できています。
また、他疾患の治療の為に入院している患者さんの血糖管理を行い、手術・出産などが安全かつスムーズに行える体制を整えています。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

糖尿病・内分泌内科

眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 151 2.59 2.71 0.00 76.34
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 20 8.95 8.48 0.00 61.20
020220xx97xxx0 緑内障 その他の手術あり片眼 14 3.07 5.41 0.00 79.86
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 14 5.36 6.14 0.00 68.79
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 10 2.70 5.36 0.00 67.70

020110xx97xxx0は、白内障に対し水晶体再建術を行った症例です。
020160xx97xxx0は、網膜剥離に対し硝子体茎顕微鏡下離断術等を行った症例です。
020220xx97xxx0は、緑内障に対し流出路再建術や濾過手術等を行った症例です。
020200xx9710xxは、黄斑円孔や黄斑上膜に対して、硝子体顕微鏡下離断術等を行った症例です。
020240xx97xxx0は、硝子体疾患に対し硝子体茎顕微鏡下離断術等を行った症例です。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

眼科

耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 22 7.73 7.84 0.00 21.45
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 19 7.79 6.47 0.00 59.21
030430xx97xxxx 滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 手術あり 18 3.06 3.22 0.00 3.11
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 15 5.80 5.71 0.00 39.07
030428xxxxxxxx 突発性難聴 14 6.71 8.75 0.00 57.93

030230xxxxxxxxは、慢性扁桃炎やアデノイド肥大症に対して口蓋扁桃摘出術やアデノイド切除術を行っています。
030350xxxxxxxxは、慢性副鼻腔炎に対して内視鏡的手術による治療を行っています。
030430xx97xxxxは、幼小児の滲出性中耳炎に対して、1泊2日入院で、全身麻酔下に鼓膜換気チューブ挿入術を行っています。
030240xx99xxxxは、扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎など、咽喉頭の急性感染症に対して、抗菌薬やステロイドの点滴による消炎治療を行っています
030428xxxxxxxxは、突発性難聴などの急性疾患に対して1週間入院のうえ、ステロイド点滴治療を行っています。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

耳鼻咽喉科

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 24 7.79 9.22 0.00 69.00
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり 21 2.05 6.18 0.00 64.57
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 15 9.67 13.07 6.67 59.87
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 13 2.38 7.68 0.00 81.54
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 4.01

帯状疱疹や急性の細菌感染(急性膿皮症)は主として点滴で治療を行います。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

皮膚科

救急科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院
日数
(自院)
平均
在院
日数
(全国)
転院率 平均
年齢
患者用
パス
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 45 15.31 20.57 51.11 82.44
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 35 2.23 3.70 8.57 43.09
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 23 15.61 19.34 86.96 83.26
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 21 14.9 13.14 38.10 84.43
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18 9.39 8.30 38.89 75.11

当科は、外傷や熱傷、中毒を含むあらゆる急性疾病に対応可能な、救命医療のプロフェッショナルとして、救急車搬送症例ならびにウォークイン患者に対する救急外来での初期治療と救命病棟での救命治療に24時間体制であたっています。
適切な診断のもと、初期治療を行いつつ必要に応じて、専門科と協働して患者様の救命と予後改善に全力を尽くしています。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

救急科

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

初発 再発 病期分類基準(※) 版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 54 14 38 15 18 1 8
大腸癌 19 38 55 68 48 49 1 8
乳癌 67 89 26 32 1 8
肺癌 39 28 50 58 69 1 8
肝癌 17 13 12 50 1 8

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
※10未満の症例は、「-」で表記しています。

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

患者数 平均在院日数 平均年齢
軽症 11 13.18 60.64
中等症 30 14.00 74.90
重症
超重症
不明

※10未満の症例は、「-」で表記しています。

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

発症日から 患者数 平均在院
日数
平均年齢 転院率
3日以内 233 21.71 77.45 62.24
その他

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 94 2.10 13.34 12.77 74.64
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 67 1.46 1.39 1.49 68.99
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍胃粘膜下層剥離術 48 1.35 7.04 4.17 75.35
K682-3 内視鏡的経鼻胆管ドレナージ術(ENBD) 40 2.15 10.10 2.50 74.68
K654 内視鏡的消化管止血術 39 0.72 11.23 20.51 75.95

※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

消化器内科

消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 126 1.59 4.40 1.59 65.31
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 54 3.06 11.74 14.81 70.04
K634 腹腔鏡下鼠経ヘルニア手術(両側) 47 1.49 2.09 0.00 70.68
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの 24 0.71 3.58 0.00 34.17
K718-22 腹腔鏡下虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴うもの 23 0.35 8.30 0.00 47.74

当科では、腹腔鏡を使用した手術を主に行っています。
腹腔鏡手術とは、お腹に小さな穴を複数開け、そこから手術道具などを入れて行う手術です。お腹を大きく切開する開腹術に比べると、傷跡がはるかに小さく、回復が早いことが大きなメリットです。
腹腔鏡下胆嚢摘出術は胆のう結石症や胆石性胆のう炎に対して行う手術で、予定手術はもちろん緊急でも行っています。
消化器がんに対しての手術も腹腔鏡での手術を積極的に行っており、術前・術後の化学療法も行っています。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

消化器外科

心臓血管内科・カテーテル治療科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 60 2.00 3.80 0.00 73.53
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術 急性心筋梗塞に対するもの 51 0.06 13.73 7.84 68.98
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 49 3.67 8.35 18.37 84.16
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 44 1.43 2.93 0.00 76.39
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 38 0.03 12.82 21.05 73.66

K549は、狭心症、慢性虚血性疾患に対してステント留置を行う手術です。
K5972は、人工ペースメーカーを体内に植え込む手術です。
K616は、血管が狭くなっている所や閉塞している所をバルーンカテーテルで広げる手術です。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K5612イ ステンドクラフト内挿術 1以外の場合 胸部大動脈 17 3.65 18.24 29.41 76.06
K5612ロ ステンドクラフト内挿術 1以外の場合 腹部大動脈 13 3.77 13.23 7.69 82.69
K5522 冠動脈、大動脈バイパス移植術 2吻合以上のもの 13 8.77 21.23 46.15 72.69
K5607 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む) 腹部大動脈(その他のもの) 11 8.09 16.82 9.09 76.09
K552-22 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの) 2吻合以上のもの

K5612は、腹部大動脈瘤に対し、ステントグラフトを挿入する手術です。
K5522は、狭心症や心筋梗塞に対し行うバイパス術で、人工心肺(機械のポンプ、人工の肺)を使用し心停止下・心拍動下(心臓が動いた状態)でバイパス術を行う手術です。
K5607は、腹部大動脈瘤を取り除き人工の血管を移植します。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

心臓血管外科

脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 41 1.90 16.24 51.22 79.54
K178-4 経皮的脳血栓回収術 10 0.00 23.60 70.00 78.60
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの) 脳内のもの
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング 1箇所
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの

※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

脳神経外科

呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 33 1.67 8.45 0.00 72.36
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 25 2.32 8.32 0.00 73.64
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 区域切除 19 2.42 9.05 5.26 74.47
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 16 4.63 6.25 0.00 36.50
K488-4 胸腔鏡下試験切除術

肺の腫瘍に対して胸腔鏡下に行う手術を大多数の手術で行っています。胸腔鏡下手術とは、最大3cmほどの切開創と1cmの切開創を数か所作成し、胸腔鏡と手術道具を入れて行う手術です。利点としては開胸手術と比べ、痛みが少なく早期に退院が可能であることです。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

呼吸器外科

産科・婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K8981 帝王切開術 緊急帝王切開 61 4.52 7.02 0.00 33.92
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 44 13.39 6.43 0.00 32.98
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 17 0.94 4.24 0.00 46.35
K867 子宮頸部(腟部)切除術 17 1.00 1.00 0.00 37.00
K879 子宮悪性腫瘍手術 15 2.40 9.87 0.00 59.60

帝王切開術は、子宮を切開して胎児を娩出させる手術で、ハイリスク妊娠や児に対してより安全性を求める場合に行われます。手術コードは緊急で行われる場合と、予め日時を決めて行うものに分かれます。
子宮頸部(腟部)切除術は、高度異形成や上皮内がんの診断や治療、微少浸潤がんや浸潤がんの確定診断の場合に行われます。
子宮全摘術は、子宮筋腫、子宮頸部異形成などに対し、子宮をとる手術です。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

産科・婦人科

新生児内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K9131 新生児仮死蘇生術 仮死第1度のもの 10 0.00 25.00 0.00 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術 仮死第2度のもの

※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

新生児内科

整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 119 1.79 15.78 82.35 81.72
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 82 2.05 15.20 97.56 81.70
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 72 2.25 15.10 90.28 73.82
K0462 骨折観血的手術 前腕、下腿、手舟状骨 41 3.80 12.63 46.34 56.61
K0463 骨折観血的手術 鎖骨、膝蓋骨、手(舟状骨を除く。)、足、指(手、足)その他 20 3.50 15.50 45.00 60.90

K0461は、肩胛骨、上腕、大腿の骨折部を手術的に開いて、直接整復と内固定を行う方法です。
K0811は、主に股関節に対して行います。股関節の大腿骨頭が壊れた場合、金属の骨頭に入れ替え、関節機能を取り戻す手術です。
K0821は、関節の動きが悪い、運動痛が強いなど障害があるときに、骨頭側と関節窩側の両方を入れ替えて、関節機能の再建を図る方法です。
K0462は、主に前腕の骨折部に対して行います。1位同様、手術的に開き、直接整復と内固定を行う方法です。
K0463は、手・足の骨折部に対して行います。1位同様、手術的に開き、直接整復と内固定を行う方法です。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

整形外科

乳腺・内分泌外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 61 1.10 5.41 0.00 66.43
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 30 0.90 3.10 0.00 60.37
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術 片葉のみの場合 21 1.67 3.76 0.00 63.52
K4765 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施しないもの 21 1.05 5.95 4.76 61.43
K4766 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩鎖骨下部郭清を伴うもの)・胸筋切除を併施するもの 12 1.00 6.83 0.00 66.33

乳腺・内分泌外科では、乳がん手術を中心に、形成外科とともに乳房再建も行っております。
乳がんの手術のコードは、乳房の切除範囲、腋窩部の郭清を同時に行うか行わないかで細かく分かれています。
また、甲状腺疾患に対しての手術も行っております。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

乳腺・内分泌外科

形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K2191 眼瞼下垂症手術 眼瞼挙筋前転法 16 0.50 3.81 0.00 69.50
K0481 骨内異物(挿入物を含む)除去術 頭蓋、顔面(複数切開を要するもの) 14 1.00 1.43 0.00 31.79
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部) 長径2センチメートル未満 12 0.25 1.50 0.00 40.08
K084 四肢切断術 上腕、前腕、手、大腿、下腿、足 11 7.18 20.73 72.73 78.27
K016 動脈(皮)弁術 、筋(皮)弁術

形成外科が専門とする領域は多岐にわたり、良性腫瘍の他、糖尿病性足病変、末梢循環不全による重症虚血肢、褥瘡、眼瞼下垂や顔面神経麻痺、また乳腺・内分泌外科と共同して乳房再建術を多く手がけています。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

形成外科

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 96 1.69 5.71 1.04 75.65
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 49 0.69 1.33 2.04 62.22
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術 内シャント造設術 単純なもの 40 0.05 1.85 0.00 73.55
K007-2 経皮的放射線治療用金属マーカー留置術 36 0.58 2.03 0.00 72.36
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 32 0.25 11.16 6.25 75.84

K8036イは、開腹せずに手術用内視鏡を用いて、膀胱腫瘍を切除する手術です。診断や治療の為に行います。
K768は、腎結石や尿管結石に対し、体外衝撃波で結石破砕を行う手術です。
K6121イは、慢性腎不全の患者さんに対し、血液透析に必要なシャント造設を行う手術です。
K700-2は、限局性前立腺がんに対し、サイバーナイフによる外照射治療を行うために治療用のマーカーを前立腺内に留置する手術です。
K783-2は、尿管にステントを置く手術です。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

泌尿器科

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 150 0.56 1.03 0.00 76.80
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 41 0.90 4.95 0.00 65.95
K2682 緑内障手術 流出路再建術 11 0.91 1.27 0.00 80.73
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの
K2821イ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 縫着レンズを挿入するもの

K2821ロの水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)は、白内障手術で水晶体の混濁で視力が低下した場合に行われます。混濁を取り除き人工的にレンズを挿入する手術です。外来でも可能な手術ですが、入院して行う場合は3日間で行っています。
K2801やK2802は硝子体手術で、硝子体出血や網膜剥離など硝子体や網膜疾患に対する手術です。入院期間は約1~2週間です。
K2682は緑内障に対して、眼圧を下げることを目的とする手術です。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

眼科

耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 27 1.11 5.74 0.00 22.78
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術 19 1.00 1.00 0.00 3.05
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 17 1.82 4.35 0.00 59.88
K318 鼓膜形成手術
K3191 鼓室形成手術 耳小骨温存術

K3772は、主に年3~4回以上扁桃炎をくり返す方に、口蓋扁桃摘出術を行っております。
K309は、幼小児の滲出性中耳炎に対して、1泊2日入院で、全身麻酔下に鼓膜換気チューブ挿入術を行っています。
K340-5は、慢性副鼻腔炎に対して、内視鏡手術を積極的に行っています。
K318は、鼓膜穿孔に対して手術を行い聴力回復を行っています。
K3191は、慢性中耳炎に対して、耳小骨をそのまま残して中耳・鼓膜を清掃再建して中耳炎の治癒と聴力の改善を行っています。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

耳鼻咽喉科

皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)長径2センチメートル未満 15 0.80 0.27 0.00 66.87
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術 単純切除 14 0.86 0.50 0.00 81.43
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)長径2センチメートル以上4センチメートル未満
K0061 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)長径3センチメートル未満
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)長径3センチメートル以上6センチメートル未満

皮膚腫瘍は良性・悪性によって切除範囲と再建方法が変わってきます。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

皮膚科

腎臓内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前
日数
平均
術後
日数
転院率 平均
年齢
患者用
パス
K6121イ 末梢動静脈瘻造設術 内シャント造設術 単純なもの 16 8.38 13.56 18.75 68.31
K616-41 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 初回
K616-42 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 1の実施後3月以内に実施する場合
K654 内視鏡的消化管止血術
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術

K6121イは、末期腎不全の患者さんに対して血液透析に必須のシャント造設を行う手術です。シャント造設術と連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術、尿管ステント留置ですが、泌尿器科へ依頼して行う手術です。
K616-41、K616-42は末期腎不全の透析患者さんのシャント狭窄に対し、拡張したり血腫を除去する手術です。
※診療科についての詳しい案内は診療科・部門紹介のページをご覧ください。

腎臓内科

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 16 0.17
180010 敗血症 同一 36 0.39
異なる 26 0.28
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 28 0.30
異なる

※10未満の症例は「-」で表記しています。

更新履歴

2022/09/28 令和3年度の病院指標を公開しました。