• TEL

    【代表】

    095-822-3251
  • FAX

    【代表】

  • 【医療機関専用】

  • 【時間外専用】

外来のご案内

診療時間
平日 8:45~17:00
開門時間 8:00
受付時間
8:30~11:00
再診受付機
8:00~17:00
休診日
土・日・祝
年末年始(12/29~1/3)
095-822-3251(代表)

診療科・部門

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科

診療内容

当院は耳鼻科専門医が常勤する日本耳鼻咽喉科学会認定専門医研修施設です。医師数は2名ですが、急性から慢性疾患、良性から悪性疾患(がん)まで、地域の総合病院耳鼻咽喉科、頭頸部外科としてオールラウンドな診療を行っています。
具体的には、副鼻腔炎(蓄膿症)やアレルギー性鼻炎などの鼻・副鼻腔疾患、慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎などの耳疾患、扁桃炎や声帯ポリープなどの咽喉頭疾患、頭頸部良・悪性腫瘍、睡眠時無呼吸症(評価・手術・PSG CPAP)、めまい、嚥下機能障害(評価・急性期リハビリ・手術)などの耳鼻咽喉科一般疾患を幅広く診療しています。また、言語聴覚士による摂食嚥下機能評価・訓練も行っています。

耳鼻咽喉科

手術では鼻・副鼻腔疾患には内視鏡下手術を、慢性中耳炎や真珠腫性中耳炎には顕微鏡を用いた鼓膜・鼓室形成術を、頭頸部良性・悪性疾患も低侵襲で機能を可能な限り温存する治療を行っています。入院点滴治療が必要な急性炎症(扁桃炎、副鼻腔炎、咽喉頭炎など)、突発性難聴、顔面神経麻痺なども対応しています。
補聴器外来相談も行っています。 セカンドオピニオンについても対応しています。

対象疾患

以下が当科で診療を行っている代表的な疾患です。もちろん下記以外の疾患の対応も行っています。

急性・慢性中耳炎、真珠腫性中耳炎
滲出性中耳炎
難聴(突発性難聴、メニエール病など)
めまい
顔面神経麻痺
耳管開放症
耳瘻孔
補聴器外来(第2・4金曜日 、予約制)
慢性副鼻腔炎
アレルギー性鼻炎
鼻中隔弯曲症、肥厚性鼻炎
嗅覚障害
咽頭 急性・慢性扁桃炎
アデノイド、扁桃肥大
いびき、睡眠時無呼吸症
口腔咽頭食道異物
喉頭 声帯ポリープ
反回神経麻痺
急性喉頭蓋炎
嚥下障害
頭頸部 唾液腺炎、唾石
甲状腺腫瘍(がん、良性腫瘍)
頸部リンパ節腫脹
頭頸部良性腫瘍
頭頸部悪性腫瘍(舌がん、口腔がん、咽喉頭がんなど)
必要に応じセカンドオピニオン、他の医療機関への紹介も行います。
特殊検査・訓練 睡眠時無呼吸症(簡易PSG検査 持続式陽圧呼吸療法CPAP)
摂食・嚥下障害に対する評価(VF検査 VE検査)
摂食・嚥下訓練、構音訓練

耳鼻咽喉科

手術件数

術式 2020年度 2021年度
鼓膜チューブ留置 33 33
鼓室形成術 19 11
乳突削開術 16 3
鼓膜形成術 14 9
先天性耳ろう管摘出術 6 4
鼓膜切開術 4 4
あぶみ骨手術 1 1
顔面神経減荷術 1 1
鼓膜切開術 鼓膜チューブ留置 1 0
その他 2 1
合計 97 67
内視鏡下副鼻腔 21 23
鼻腔粘膜焼灼術 16 36
鼻甲介切除術 10 15
鼻中隔矯正術 5 9
粘膜下下鼻甲介切除術 1 0
鼻副鼻腔腫瘍摘出術 1 0
その他 2 5
合計 56 88
頭頸部 扁桃摘出術 51 24
アデノイド切除術 13 11
ラリンゴマイクロ手術 10 1
切開排膿術(経口腔) 1 3
良性腫瘍摘出術(舌・口腔) 1 1
良性腫瘍摘出術(中咽頭) 1 0
悪性腫瘍摘出術(下咽頭) 3 0
喉頭悪性腫瘍手術(切除) 0 1
唾石摘出(経口腔) 1 0
誤嚥防止手術 0 1
顎下腺摘出術(唾石) 1 3
顎下腺良性腫瘍摘出術 2 0
顎部嚢胞摘出術 0 1
耳下腺良性腫瘍摘出術 5 5
耳下腺悪性腫瘍摘出術 0 1
舌下腺摘出術 1 0
甲状腺悪性腫瘍摘出術 1 1
甲状腺悪性腫瘍摘出術 0 3
頚部腫瘍摘出術 0 2
リンパ節生検 12 8
切開排膿術(外切開) 0 2
異物摘出術(気管・気管支・咽頭) 1 6
気管切開術 11 16
頬粘膜腫瘍切除術 1 0
切開排膿術 1 0
気管孔閉鎖術 0 1
その他 4 7
合計 121 98

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科:スタッフ紹介

吉見 龍二

主任医長

卒業年度 平成22年卒業
専門分野 耳鼻咽喉科全般
担当診療科・所属部門 耳鼻咽喉科 / 摂食嚥下支援チーム
資格など
  • 日本耳鼻咽喉科頭頸部外科学会専門医
  • 身体障害者福祉法指定医
  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修 修了
  • 臨床研修指導医
  • 難病指定医
モットー 地域に根差した医療を提供します。

吉田 翔

医師

卒業年度 平成28年卒業
専門分野 耳鼻咽喉科一般
担当診療科・所属部門 耳鼻咽喉科 / 摂食嚥下支援チーム
資格など
  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修 修了
モットー 患者様に寄り添った診療を目指しています。

耳鼻咽喉科

メッセージ

耳鼻咽喉科では耳・鼻・頭頸部・めまい・顔面神経麻痺など幅広い領域の疾患を診療しております。耳領域では中耳炎や慢性中耳炎などを、鼻領域ではアレルギーや副鼻腔炎に対して薬物治療から手術まで行っております。
また頭頸部領域(口腔、咽喉頭、唾液腺、甲状腺など)では良性・悪性腫瘍(がん)の手術や悪性腫瘍に対する化学療法(抗がん剤)や放射線治療も行っております。
その他、摂食嚥下支援チームと協力し、摂食や嚥下機能に問題のある患者さんや誤嚥性肺炎の患者さんを中心に嚥下機能の評価や訓練、食事形態の提案なども行っております。
聞こえが悪い、鼻の調子が悪い、のどの調子が悪いなどは耳鼻咽喉科領域の疾患の可能性があります。お困りの方は一度ご相談ください。

広報物

  • 2021年12月に発行した患者さん向け広報誌「みんなのみなと」2号にて、嚥下に関する記事を掲載しています。以下をクリックすると、紙面をご覧いただけます。

PDFをダウンロード

  • 2022年8月に発行した医療機関向け広報誌「MINAMOTO」3号にて、摂食嚥下支援チームの紹介を掲載しています。以下をクリックすると、紙面をご覧いただけます。

PDFをダウンロード

耳鼻咽喉科

1診 吉見龍二 吉見龍二
(再診のみ)
吉見龍二 休診 吉見龍二
2診 吉田翔 吉田翔 吉田翔
(再診のみ)
吉田翔

専門外来のご案内

補聴器外来

実 施 日 第2・4金曜日 13:30~(完全予約制)
開催場所 2階 13番外来
担 当 者 耳鼻咽喉科医師
対 象 者 高度難聴者
依頼方法 耳鼻咽喉科の外来診療日に受診してください。通常の外来受診で診察後、決定します。
内 容 補聴器の作成依頼および使用法の指導・メンテナンス

診療科・部門