• TEL

    【代表】

    095-822-3251
  • FAX

    【代表】

  • 【医療機関専用】

  • 【時間外専用】

背景色

文字

外来のご案内

診療時間
平日 8:45~17:00
開門時間 8:00
受付時間
8:30~11:00
再診受付機
8:00~17:00
休診日
土・日・祝
年末年始(12/29~1/3)
095-822-3251(代表)

診療科・部門

病理診断科

病理診断科

診療内容

病理診断を専門とする診療科です。対象疾患は頭から足先まで、すべての臓器に及びます。病理診断により次の診療の決定になりますので、非常に重要な診療科といえます。

当科の主な業務は、組織診、細胞診、病理解剖(剖検)です。組織診は、内視鏡で採取された消化管生検、皮膚生検から、手術で採取された胃を代表とする消化管、肝臓、胆嚢、膵臓、肺、泌尿器、婦人科、乳腺、内分泌臓器など様々です。これら臓器の疾患の診断を行います。腫瘍であれば、組織型、深達度、脈管侵襲、リンパ節転移の有無を検索します。病理診断は病理専門医が行っています。

細胞診は、婦人科をはじめ、喀痰、尿、体腔液、胆汁、膵液、さらに穿刺できるところでは穿刺吸引細胞診が行われます。細胞診では、専門の細胞検査士が標本を作製し、検鏡します。疑陽性以上の症例を細胞診専門医が検鏡して診断を行います。

院内で不幸にして亡くなられた患者さんについて、病理解剖を行います。これにより、生前診断の確認、死因の検索、他病変の有無などが判ります。病理解剖は遺族の承諾があって、初めて行われます。

組織診、細胞診には、術中迅速診断が行われることがあります。これは、手術中に検体を提出し、10〜15分くらいで診断を報告するものです。代表的なものは、センチネルリンパ節、消化管切除標本の切除端の悪性の有無です。迅速細胞診は、胸腹水細胞診で、悪性細胞の有無を調べます。

病理診断科写真
病理診断科写真

病理診断科

2019年 2020年 2021年 2022年 2023年
組織診 4318 3516 3724 3746 3828
迅速組織診 206 178 197 198 268
細胞診 7018 5592 5620 5331 5112
迅速細胞診 80 98 91 117 103
病理解剖 2 6 3 3 4

病理診断科

病理診断科スタッフ

入江 準二

診療科長

卒業年度 昭和57年卒業
専門分野 病理一般(細胞診)
担当診療科
・所属部門
病理診断科
資格など
  • 日本専門医機構認定病理専門医
  • 日本臨床細胞学会認定細胞診専門医
  • FIAC
  • 死体解剖資格
  • 臨床研修指導医
モットー 早く、正しく、判りやすく。

構成メンバー

  • 主任診療部長:入江 準二
病理診断科写真
病理診断科写真

病理診断科

医療機関の先生方へ

当科では毎日の標本に対して、できるだけ早く、正しく、判りやすく病理診断を行っています。先生方から当院に紹介され、病理標本を提出された患者さんには、できる限り、早く診断報告しています。どうか、よろしくお願いいたします。

患者さん・ご家族の方へ

当科では、「病理外来」を行っています。予約制で、主治医の先生にご相談のうえ、お申し込みください。病理診断で不明なところ、結果など、判りやすく説明します。時間は30分程度です。なお、費用は「検査結果の説明」ですので無料です。

診療科・部門