• TEL

    【代表】

    095-822-3251
  • FAX

    【代表】

  • 【医療機関専用】

  • 【時間外専用】

外来のご案内

診療時間
平日 8:45~17:00
開門時間 8:00
受付時間
8:30~11:00
再診受付機
8:00~17:00
休診日
土・日・祝
年末年始(12/29~1/3)
095-822-3251(代表)

診療科・部門

皮膚科

対象疾患

皮膚科

湿疹・皮膚炎・掻痒症

  • 症状紅斑・鱗屑・掻痒
  • 検査血液検査・パッチテストなど
  • 治療ステロイド軟膏・抗アレルギー薬

アトピー性皮膚炎

  • 症状紅斑・色素沈着・痒疹・掻痒
  • 検査血液検査
  • 治療ステロイド軟膏・タクロリムス軟膏・PDE4阻害薬外用・JAK阻害剤の外用もしくは内服・抗アレルギー薬・生物学的製剤の注射

蕁麻疹

  • 症状膨疹・紅斑・掻痒
  • 検査血液検査など
  • 治療抗アレルギー薬・生物学的製剤の注射

薬疹

  • 症状紅斑・紫斑・水疱
  • 検査血液検査・パッチテスト・皮膚生検など
  • 治療抗アレルギー薬・ステロイド薬

紫斑病

  • 症状点状紫斑・関節痛
  • 検査血液検査・尿検査・皮膚生検
  • 治療安静・ステロイド内服など

水疱症

  • 症状水疱・びらん・紅斑
  • 検査皮膚生検・血液や皮膚の免疫学的検査
  • 治療ステロイド内服・ミノサイクリン塩酸塩とニコチン酸アミドの併用療法など

乾癬

  • 症状紅斑・鱗屑・関節痛
  • 検査皮膚生検・生物学的製剤投与前の全身検索
  • 治療ステロイド軟膏・活性型ビタミンD3軟膏・エトレチナート内服・アプレミラスト内服・生物学的製剤の注射

皮膚腫瘍

  • 症状皮膚表面の黒褐色病変・紅色病変・皮下腫瘤
  • 検査ダーモスコピー・皮膚生検・エコーなどの画像検査
  • 治療切除・抗がん剤外用・冷凍凝固術

感染症

  • 症状発赤・疼痛・局所熱感・小水疱・紅斑・鱗屑
  • 検査血液検査・細菌検査・真菌検査など
  • 治療抗生剤・抗ウイルス剤・抗真菌剤など

皮膚科

  • 疾患別入院患者数

診断群分類 2019年 2020年 2021年
皮膚の悪性腫瘍 30 21 14
皮膚の良性腫瘍 8 6 4
皮膚細菌(蜂巣炎・丹毒等) 51 15 18
水痘・帯状疱疹 39 19 26
円形脱毛症 0 1 3
その他 108 95 46
合計 236 157 111

※新型コロナウイルス感染症の流行以降、稼働病床の減床等により、受入れが制限されています。

皮膚科

東 江里夏

主任診療部長

卒業年度 平成7年卒業
専門分野 乾癬・真菌症・アトピー性皮膚炎などの一般的な皮膚疾患に対応
担当診療科・所属部門 皮膚科
資格など
  • 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
  • 小児慢性特定疾病指定医
  • 難病指定医
  • がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会
  • 臨床研修指導医
  • 長崎大学医学部(医学科)臨床講師
モットー 皮膚疾患は職業や趣味に関連したものや自分では気づかない生活習慣により増悪するものもありますので、患者さんのお話をよく聞いた上で、それぞれの患者さんにもっとも適した治療を患者さんとともに選択していきたいと思っています。軽い症状であってもお気軽にご相談下さい。

福地 麗雅

医長

卒業年度 平成18年卒業
専門分野 皮膚科一般
担当診療科・所属部門 皮膚科
資格など
  • 小児慢性特定疾病指定医
  • 難病指定医
  • 臨床研修指導医
モットー

皮膚科

診療科から皆さまへ

当科の受診を希望される方は、是非ともその医療機関からの紹介状をお持ちになって受診していただくようお願いいたします。

関連記事

現在ありません。

皮膚科

新患 東江里夏 福地麗雅 東江里夏 福地麗雅
再診 福地麗雅 東江里夏 福地麗雅 東江里夏

専門外来のご案内

バイオ治療外来

実 施 日 毎週水曜日 14:00~16:00
開催場所 2階 12番外来
担 当 者 皮膚科医師(東)
対 象 者 ① 外用や内服で難治であった尋常性乾癬
② 関節痛を伴う乾癬性関節炎
③ 全身症状を伴う難病に指定されている膿疱性乾癬
①~③のうち、皮膚科に通院通のDLQIスコア5点以上の乾癬患者
依頼方法 予約制(医療機関からのご紹介専門の外来です)
内 容 乾癬に対する生物学的製剤による治療を行います。

診療科・部門